保健師としての生き方

保健師という仕事をご存知でしょうか。

 

現代の社会では、まだ知名度の高い仕事とは言えません。

 

しかし、これからより社会が複雑になるに連れて、保健師の需要は増えていくと考えられています。

 

 

 

保健師の仕事は、人々が健康で病気の無い暮らしを出来るような環境を作ることです。

 

具体的には企業や行政、教育の現場等でそこの人々の健康管理や健康増進を指導していきます。

 

このような仕事が求められる背景には、現代の社会における病気にかかる可能性が高まっていることがあります。今まで以上に生活習慣病や精神疾患に対するケアが求められる時代となってしまいました。保健師は、このような新しい病気にも対応して人々の健康を支えるプロフェッショナルとして重要な存在なのです。

 

 

 

保健師の仕事は『治す』ことではなく、『治す必要が無いようにする』ことなので、とても難しいものです。看護師のように目に見える成果を得ることは難しいです。しかし、保健師は一人一人と密接に関わってその人自身の健康と向き合うことになるので、相手との距離感が非常に近い仕事が出来ます。そのため、相手の小さな変化に大きな喜びを感じることとなり、それが保健師のやりがいとなるのです。

 

 

 

保健師は縁の下の力持ちであります。日本社会を底から健康にしていくことで、医療界全体にも良い影響を及ぼします。複雑化した社会の中で、いつ身体を壊すか分からない状況にある人がたくさんいます。病気になるまで助けを求めることはしてはいけないと思っている、もしくはそのような支えがあることを知らない日本人は多いです。そのような人を前もって支えることが出来るのも保健師のやりがいです。保健師としての生き方は、社会の全ての人の役に立つ、立派なことなのです。

保健師としての生き方|産業保健師に転職しました!この求人サイトがよかったですヨ!関連ページ

娘の将来の夢は看護士さんです
産業保健師や看護師に関するコラムです。今回は「娘の将来の夢は看護士さんです」という投稿がありました。
看護師、転職する前に確かめてほしいこと
産業保健師や看護師に関するコラムです。今回は「看護師、転職する前に確かめてほしいこと」について。
転職希望の友人
産業保健師や看護師に関するコラムです。今回は「転職希望の友人」という投稿がありました。
自宅近くの病院看護師に転職
産業保健師や看護師に関するコラムです。今回は「自宅近くの病院看護師に転職」という投稿をいただきました。